報告はタイミングが重要!服装や仕事のビジネスマナーについて。

ビジネスマナー ビジネスマナー

報告に空気読めないはご法度です。仕事での報告はタイミングが命です。最優先すべきは相手の都合です。
空気が読めない、取引先も困っていた、迷惑など、若い方に多いのですが、周りの空気を乱す人が職場にいると敬遠されてしまいます。空気が読めないと仕事ができないイメージや、周りにも迷惑を与えてしまいます。

仕事でのビジネスマナー

皆が急ぎの仕事でしているのに、のんびりしていたり、静かに集中して仕事をしている時に、発言したりすると周囲から白い目で見られるでしょう。

場の雰囲気を察することは頭に入れておかないと難しいです。しかし、ビジネスの要である「報告」のタイミングだけは外さないようにしましょう。

特に報告する時間は大事です。朝すぐについて、〇〇の件ですがと言われれば、何かトラブルが起きたのかとドッキリさせてしまいます。外出間際や帰社時間近くも相手が忙しいのでよくないです。

相手が誰であっても、細かい数字の計算など集中力を要する作業に向かっている人に突然話しかけるのはいやがらせに近いです。但し、トラブルなどの緊急事態は別です。忙しそう、出かけるところなどの遠慮は必要ないです。
その場合は、お忙しいところすみませんが、急ぎなのでと一言断ってから、すみやかに報告をしましょう。

最優先するのは、「相手の都合」です。様子を見て、「今よろしいですか?」「〇〇の件でご相談があるのですが、今お手すきですか」など、話せる余裕があるかどうか尋ねる形で話しかけましょう。

期限に間に合わなくて忙しい時に、何も用事がないのに話しかけられたら、困るものです。

ビジネスでの服装

ビジネスの服装は、世のカジュアル化とは逆です。ビジネスの場では、相手に配慮した装いが大事です。万人に受け入れられる基本を押さえましょう。心理学でも、スーツや正装を着た方が、無意識に自分に働きかけるそうで、仕事が成功したり、うまくいったり、印象もよくなるそうです。

政府主導でクールビズで、暑い夏にノージャケット、ノーネクタイなどのスタイルが広がりました。男性には嬉しい習慣だと思います。男女ともファッションはカジュアル化してきています。但し、ビジネスの場では、未だに保守的な考えの人が多いです。

ビジネスの装いの一番の基本は、「相手に配慮すること」です。キャリアのある方や年配の方など、フォーマルな印象を求められると予想される場合は、それに合わせるのが当然のルールであり、ビジネスマナーの基本です。
ラフな格好とスーツの恰好の人の発言は、同じ内容のプレゼンテーションでも印象が全く異なります。

カジュアルOKのオフィスが増えていますが、着こなしは超重要で要注意です。ビジネスで使うカジュアルな服装は、「普段着に見えない」ことが重要であり、ポイントです。素材や色など、だらしなく見えるのはやめましょう。
スーツ上下でなくても、品のよさがあるシンプルな黒のジャケットは、来客を考えて、着用するかロッカーに必ず常備しておきましょう。

TPOマナーの基本です。自分が良くても相手の印象は人それぞれであり、「常識がない」と感じたという人もいます。女性の場合は、肌が過剰に露出、体形がはっきり出るのもビジネスには不向き。初対面の方には注意しましょう。取引先との打ち合わせでカジュアルな格好だと、意外とやりがちな人がいますが、オフィスの困ったさんになってしまいます。ビジネスシーンでの服装を疎かにしていは、出世や仕事の成功などにも影響します。