どの仕事にもコスト意識!エコスタイルで転職・就職成功する方法とビジネス用語!

ビジネスコスト ビジネスマナー

「もったいない」という言葉があります。仕事もエコスタイルで、備品から予算まで無駄遣いは厳禁です。
どんな仕事にもコスト意識を持つことで、「成功や出世」へと近づきます。その意識が仕事ができる人間へと近づくのです。

転職・就職でのコスト意識

最近、あるブランドのエコバッグが流行に敏感な女性たちの間で話題を集めました。「もったいない」を実践する新しいかっこよさが受け、ブランドイメージはアップしました。

コンビニ各社でもお弁当の廃棄を少なくしようと、割引やポイント還元など工夫して、セブンイレブン、ローソン、ファミリマートなどで廃棄を少なくしようと競いあっています。費用や無駄をなくすことは、お金や資源を大事にするうえで、企業にとってイメージアップにもつながるので、大切なことです。

「貧乏はいい。でも貧乏くさい人は嫌」というある女優の言葉は、現在の若い女性たちの気分を代弁しています。ブランドのエコバッグ流行はその表れではないでしょうか。

無駄を省いたシンプルライフを実践する人も増えています。その意識は仕事にもとても大切で必要なことです。仕事場の近くに住むだけでも時間や交通費を節約できます。会社の物でもそうです。無駄が多ければ、会社の負担、無駄が増え続けると、利益が減るということを肝に銘じて、コストを意識しましょう。

これは「本当に必要?」と見直す癖をつけよう。何でもある時代に「もったいない」は、とてもかっこよく、素敵なことです。節約上手な仕事ぶりからは、物だけでなく人に対する優しさが伝わってきます。まずは、会社内でエコかっこいい人になりましょう。

ビジネス用語を覚える

「席をはずす」「直帰する」などビジネス用語があります。「今いません」「出先からそのまま帰ります」ではなく、ビジネスシーン限定の言葉がいくつもあります。

ビジネスシーンにはビジネス用語があります。不在を知らせる際は、いませんやおりませんではなく、「席をはずしております」これは仕事中、使える便利な言い回しです。「直行(直訪)・直帰する」は、会社に立ち寄らずに自宅から直接仕事先に行く、帰ることを指す。「前株・後株」は、株式会社が前・後ろにつくのかを表しています。

ファックスやメール、郵便で書類を送る際は、「受け取ってください」の意味で「ご査収ください」と書く。急いで要件のみを伝えるときによく使うのは「取り急ぎ」。裏が白く再利用できるコピー用紙は「裏紙」、なるべく早く、を略して「なるはや」などのビジネス用語もあります。

会社ごとの用語や特別な社内用の隠語もあったりします。独特の言葉や言い回り、隠語に慣れることが、新入社員の第一歩です。