転職・就職に役立つ!ビジネスが成功する携帯電話のやり取りと手段方法!

携帯電話 ビジネスマナー

ビジネスシーンで携帯電話はかかせません。職種によっては、仕事の内容で営業など、携帯がないと仕事にならないということもあると思います。

仕事でも日常的に携帯を使う人ほど、使用方法にルーズになってきています。
例でいうと、携帯電話をかける時間帯。オフィスでは、通常電話しないような時間に平気でかけてないでしょうか。夜の9時頃、面識がない人から、仕事で電話を頂くこともあります。勝手に電話番号を教える人までいます。

携帯電話はあくまで緊急用です。常識的な時間を守り、できるだけ固定電話に連絡しましょう。かける側の勝手な都合になっている場合が多いです。他人に番号を教える場合も、必ず一言尋ねると言った了承を得る必要があります。相手への配慮がない人は、その人と会社のイメージをダウンさせることになります。

携帯電話の使用方法

携帯電話では、込み入った話は出来るだけ避けるようにしましょう。移動している際中であれば、音声が途切れたり、メモを取れない場合は、言った、言ってないになりやすいです。情報を洩れる可能性もあり危険性もあります。

静かな場所の場合だと、企業名や金額の話など、まわりの人に内容が聞こえてしまいます。携帯電話では、重要な案件を伝える際は、危険があることを意識しましょう。

携帯電話のビジネスマナー

急に携帯電話が鳴って困ったという話は、誰にでもよくある話です。移動中の電車の中や、車の運転中、会議中、仕事中、打ち合わせ中、トイレや試着室の中、病院、図書館、店内など。
周りの音が騒がしい場所にいれば、通話が聞き取れないし、声が響き渡る静かな場所でも話しづらかったりします。

電話で重要なのは、かけるとき、相手への配慮です。今、よろしいですか?を一言添えることは、最低限の礼儀です。

会社の電話で私用電話を基本してはいけないということは、知っていると思いますが、自分の携帯電話で料金を払っているから、いつでも使用してもいいというのは間違いです。原則、仕事の業務時間中は、時と場合によりますが、私用電話禁止が基本ルールです。仕事の業務期間中に無駄なおしゃべりをしてはいけないのと同じで、私用電話が許されるのは、お昼休憩などの時間だけです。

また、プレゼンや打ち合わせ中、人と話をしている途中の電話は、できるだけやめましょう。もし、携帯電話が鳴った場合は、一言断りをいれてから出て、短く済ませることが、仕事ができる人間です。

業務の内容によって異なりますが、「公私混同しない」はビジネスの基本ルールです。仕事の対価として会社から給料をもらう立場だということを肝に銘じましょう。

携帯電話は個人情報が多い

携帯電話には、他人の連絡先なども多く登録されています。携帯電話は持ち運びできる個人情報です。置きっぱなしにする方を見かけると心配になりませんか?携帯をもし悪意ある人間に盗られると、問題は自分だけではないです。

携帯電話を盗まれた方に話を聞くと、仕事で使っていたので、番号も変えることができず、いたずら電話などの個人被害に加えて、データから仕事関係にまで迷惑行為があったそうです。スマホには、個人情報が詰まっています。悪用につながる可能性もありますので、流出させないようにしましょう。管理が大切で、スマホの置忘れや紛失には、特に注意が必要です。