プロの名刺の渡し方!ビジネスの基本である名刺交換と好印象を残す方法!

名刺交換 ビジネスマナー

名刺の渡し方は知っていますか?ビジネスマナーの研修でも必ずやるのが、名刺の渡し方です。知らない方や忘れている方も、名刺の渡し方の基本を学ぶことができます。

プロの名刺の渡し方

初対面の方や、就職や転職での面接、営業や接客など、ビジネスの場面で多いのが名刺交換です。社会人で仕事を始めて、ほとんどの方が名刺交換をしたことがあると思います。

名刺交換の基本は、「自分の名刺は、相手の名刺より下から渡す」です。
自分の名刺を名刺入れの下にして差し出し、はじめまして、〇〇〇(自分の名前)でございます。と言います。相手の名刺は両手で受け取ってください。相手の名刺よりやや低い位置で差し出します。

名刺は、同時交換が多いです。渡すばかりのことを考えて神経を使い、相手の名刺がおろそかになっている人は多いです。名刺を受け取るのも大事ですし、難しいです。

名刺交換の心得で大切なのは、目下の者が先に名乗り、相手の名刺を受け取ってから、自分の名前を渡します。無理に先に渡さないのがポイントです。

自分の名刺を名刺入れの下に隠して準備をしておきます。
「はじめまして。〇〇〇(自分の名前)」ですと先に名乗ります。
名刺入れの上に置いてもらい、両手で差し出し、相手の名刺を先に受け取ります。

名刺を受け取った後は、すぐに名刺入れの下から名刺を差し出しますが、相手に名刺を渡す際も要注意。
【大切なポイント】名刺を持つ手は少し高くして、自分の名刺を下から差し出します。そうすることで、相手を敬っているのが伝わります。

相手から頂いた名刺は相手の顔そのもの。名刺を粗末に扱ってはいけません。最後まで丁寧に扱いましょう。
ポイント:名刺入れは高くなくても質も高くなくていいので、古くてボロボロよりも新しいのがいいです。

名刺の好印象

名刺を受け取った後、相手に好印象を残すには、名刺を見て、フルネームで相手の名前を言って、確認することが印象アップの秘訣です。〇〇〇さんですねと声を出して確認するようにしましょう。

沢山の人と名刺交換していると名前も覚えづらいです。失礼がないように相手の名前を覚えたいなら、名刺交換の時に、名刺をみながらフルネームで確認をしましょう。仕事だけでなく、相手にも興味があることが伝わるので、印象に残りやすいです。

好印象の方法はまだあります。名乗るとおじぎは別々にしましょう。〇〇〇と申しますと同時に行ってはいけません。言葉と動作を別々に行うことで美しく見えます。名刺交換も先語後礼を心がけよう。

まずは、〇〇〇と申します。よろしくお願いいたします。と相手の目を見て言葉をしっかりと伝えます。そのあとに頭を下げるようにするのがポイントです。

3つのお辞儀で好印象

面接やビジネスの場面、初対面の方と会う際や相手先にあいさつ、お願いや依頼をする際など、おじぎをする場面は多くあります。
おじぎには、3種類あります。おじぎをする角度15度が会釈、人とすれ違う時や、入退室の時に言葉を発せずにするもので、笑顔とセットで行います。
30度を敬礼と言います。初対面の人とのあいさつや送迎時などに使用します。45度まで頭を下げる最敬礼は、深い感謝やおわびなどにもっとも礼を尽くす場面で使うおじぎです。仕事の相手や場面で合わせて使うことで、安心できる人や仕事ができる人間だと思われ好印象を残せます。