人生の成功につながる「感じのいい人」になるコミュニケーション方法!

コミュニケーション ビジネスマナー

仕事や就職・転職、恋愛、接客、営業など、「感じのいい人」になることは大切です。
それには動作を味方につける必要があります。動作は言葉よりも気持ちが伝わります。信頼される仕事をしたければ、好印象を与えるしぐさを身につけることがとても大切です。

コミュニケーション方法

相手への気遣いは、「書類を受け取る」「相手の話を聞く」などの日常的な行動にも表れます。ポジティブなメッセージを発して、相手を安心させることがコミュニケーションを円滑にする秘訣です。

言葉を発する際に注意したいのが、身体の向きや視線です。相手に不信感を抱かせないようにしましょう。
電車の中でお年寄りに席を譲る優しい人ほど、さりげなく譲っていて、ほとんど言葉もなく、あまりしゃべらない人がほとんどです。わざわざ聞くのではなく、さりげなく気を遣うのに確認は必要ないのです。それで相手に優しさや思いやりが伝わります。聞かれると人は親切な人ほど、遠慮して断ってしまいます。それが日本人です。

しぐさや表情で「お荷物重そうですね、ご遠慮なさらず、どうぞおかけください」と語りかけ、相手へ気持ちを届けて下さい。話好きな人の場合、相手への配慮が足りない場合があります。相手が長話をしたいとは限りません。心の子もこもったメッセージや気持ちを確実に届けるために、日ごろから、動作や態度を味方につけていきましょう。心がこもっていれば、相手に気持ちが必ず伝わります。

信頼と安心を得るには?

相手の信頼と安心を得るには、両手使いを心がけましょう。片手はダメです。物の受け渡しは両手使いが基本です。左右対称のバランスのよさを感じさせます。ビジネスシーンや様々な場面で心理的に人に安心感を与えます。逆に片手はイメージが悪いです。

女性の場合であれば、お茶を飲むときに両手だと好印象。書類を受け渡しする際も両手を心がけてみましょう。コピー用紙に左手を添えるだけで違います。バッグなどに持つがある時は、片手で失礼いたしますと一言添えがあると礼儀正しい子だと思われます。

使えるものの示し方

プレゼンテーションや会議、講演会など、ものを示す際は、5本の指をきちんとそろえるといいです。指先には人の視線を集める力があることが心理学で分かっています。ものを指し示すときは、手のひらを上に向けて、きちんと5本の指を揃えると美しく、的確に人の目をその方向へ向けることができます。美しさと分かりやすさは一体です。

もし、仮に対象物が遠くにある場合でも人指し指で指差さず、腕を伸ばして示すことが重要。お手本はデパートのエレベーター係です。プレゼンや案内の場面で指先を揃えることを覚えて、気をつけましょう。

動作を丁寧に見せる方法

動作をよく丁寧に見せるには、最初は通常のスピードで、後半をゆっくりと行うようにしましょう。動作は、前半普通、後半ゆっくりと覚えて下さい。

おじぎは頭を下げたあとでゆっくりと状態を上げます。ドアを開けたら、最後にゆっくりと静かに閉めます。テーブルに物を置く場合、テーブル面近くまでは素早く動かしてもいいが、置くときに音を立てずにそっと置きましょう。このしぐさが美しく心のこものったものになり、印象がアップして好印象につながります。

目線でしぐさを良くする方法

目線をプラスするとしぐさがぐっと優雅になります。あちらでございますと、手と目線で指し示すようにしましょう。ものを指し示すときには、指した方向を目線で追うと相手にも分かりやすく、ぐっと上品なしぐさになります。

何か聞かれて指し示す場合は、手で指ししめしながら、自分も顔を向けて目をやり、ふたたび相手に目線を戻して、確認して終わります。できる人は、目でかたることができることを覚えておいてください。目で伝え、無駄な言葉は不要です。

手の内側で安心感を与える

手の防御の意味をします。効果的なのは「手の内」見せです。
人に安心感を与えるには、心理学にもありますが、「手の内を見せる」という言葉があります。
たとえば、相手にコップなどを渡すときに、身体の内側も相手に向けて、コップを持った手の内側が相手に向くようにして、左手を添えて渡すとよいです。

小さなものを渡すときは、手のひらを上に向けて渡します。手の甲を相手に向けた状態は心理的に防御しているように感じてしまいます。手の内を見せて相手との距離を近づけよう。

ビジネスの距離

人と人との距離感は多く研究されています。80cm以内は家族や恋人の距離です。この距離に入ると相手を緊張させたり、圧迫感を与えてしまいます。ビジネスでのほどよい距離感は、「約1.2m」です。女性の場合は、ナーバスなので、ビジネスの距離は、1.2mと覚えて、男性は女性へ配慮しましょう。