ビジネススーツ、髪型で他人目線は変わる!ビジネスマナーの心得で好印象を与える方法!

スーツ ビジネスマナー

ビジネスの服装は自分の為のものではないです。
ファッションには、身だしなみが求められ、仕事相手に与える印象が全てです。
清潔感のある場に合った、大人の装いを目指しましょう。

ビジネスマナーでの服装

自分で服装を決めるとよくないことがあります。他人目線でのチェックが不可欠。また、家の中には、全身が映る鏡を必ず置くようにしましょう。

時計や小物、靴もチェック。後ろ姿もチェックできるといいです。シミ、しわ、ほつれや毛玉、肩のフケなどだらしない印象がないかもよく観察しましょう。

服装で相手にどんな印象を与えるか、仕事にふさわしい雰囲気かという目標もチェック。
TPOに合わせて変化させるのもビジネスマナーの心得です。

仕事相手に与える印象で影響があるのがファッションです。厳しい意見を言ってくれる友人や鏡を味方にしましょう。自分を客観的に見る視点の癖はとても大事です。イメージアップ計画を練りましょう。

顔の印象を変える

顔の印象は「さ・し・みの魔法」で変更できます。
「顔立ち30%、笑顔40%、ヘアスタイル30%」です。美男美女の法則で、顔の印象度の内、顔立ちが占める割合になります。実に顔の印象の7割は自分の努力でなんとでも変更できます。印象をよくするには、笑顔とヘアスタイルで自分を魅力的に見せる作戦を練る方がいいです。ずっと効率良くイメージアップできます。

笑顔は口角を上げることから始まります。毎日鏡に向かって自分のスマイルを確認して、いつでも笑顔を作れる練習を鏡でしておきましょう。

自分の顔出しを生かしたヘアスタイルを見つけるには、相性のいい美容院や美容師を探すことも大事です。
多くの女性はすでに実践していることですが、男性には慣れていない方もいると思います。オシャレな同僚や彼女に美容室を紹介してもらうのも一つの手です。

ヘアスタイルは清潔感が大事

仕事場のオフィスでヘアスタイルに大事なのが清潔感です。女性でも長すぎる髪はよくないと言われています。顔にかかる場合は、ゴムでまとめるなどするとすっきり見えます。カラーリングもやりすぎるとマイナスイメージ。信頼感や安心感が求められる職業では控えめにしましょう。

濃い色のスーツの肩にフケが落ちていないか、整髪料のにおいが強すぎないかどうかも大事なポイントです。

仕事スーツ選びのコツ

男性のスーツ選びで重要な点は、肩と胸、サイズがジャストフィットして、サイズが合うことです。スーツのサイズが小さくても大きすぎてもダメです。最近は、ZOZOなどオーダーメイドスーツを作れる所や洋服店も増えています。

値段よりも体形に合ったスーツを選ぶようにしましょう。パンツの裾丈は、靴下が見えない長さがいいです。勝負スーツは、高いワンランク上のスーツを選びましょう。質や生地、仕立てが引き立ててくれます。

女性のチラ見せ箇所

女性のチラ見せは、「鎖骨」「手首」「足首」がいいとされています。
トレンドやファッション誌の影響で胸元や脚が露出しすぎのファッションで仕事場に出勤するのは、ビジネスの場ではふさわしくないです。露出が多い服装は、男性の目は意外に厳しいです。女性らしさが少し見えるくらいが好印象です。清潔感のある女性らしさを出していきましょう。

オフィスの爪は裏から見て3mm

人の手には視線が集まります。その中でも指先は注意。清潔に保つのはもちろんですが、女性ならネイルなどのオシャレも楽しみたいと思います。オフィス使用の爪の長さは、手の平から3mm出ている範囲と言われています。爪の長さを揃えて、汚れがないようにきれいにしておくことが大事です。手入れをしていない永詰めは、だらしない印象を与えると言われています。

手を美しく見せるネイル色

仕事場でのネイルは、視線が集まる手を美しく見せます。受付業務や窓口業務など、手元がお客様に見える機会が多い仕事場では、なおさらです。
ネイルのポイントは、ピンクやベージュ、ナチュラルで手の甲よりワントーン暗いつやのあるタイプがいいです。明るすぎると手がくすんで見えます。ネイルの際は注意しましょう。
フォーマルな場所では、ブーツはNGでパンプスを選ぶようにしましょう。ベージュの色を選ぶと脚が長くすっきり見える効果があります。

できる男の靴

靴は上質なものを選びましょう。男性スーツに合わせた靴は、黒か茶色です。靴は数よりも質。仕事用は少し高めの上質なものを1足持とう。仕事ができる人間に見えます。