転職の面接で役に立つ分かりやすい伝え方

面接 転職

転職の面接では、時間が限られています。長くだらだらと話しても印象が良くないですし、相手の頭の中にも大事なことが記憶に残らないです。面接を成功させるには、いくつかのポイントがあります。過去に面接官をしていた経験がありますので、その立場から見た視点で面接の際に評価されやすい方法についてご紹介します。

面接する立場になるとよく分かる

自分が面接する立場になったと想像して考え、シュミレーションをしてみて下さい。どんな感じの人だったら印象がよく採用してみたくなるかを。もちろん経歴や経験にマッチすることも大事です。面接では、価値ある人間だと相手に伝えなくてはなりません。自分を積極的にアピールしましょう。

この人は何ができる人?

自分の得意なスキルを説明しましょう。その際には伝わりやすく簡潔に説明が大事です。職種にもよりますが、プラスになることだけ話して、関係ないことやマイナスにつながることは話さなくていいです。無駄話も面接では時間が限られるので、避けて、採用されてから伝えましょう。

面接官とズレを解消する必要があります。聞かれた質問と回答がマッチしていない場合もあります。何ができる人なのかは、大事な要素になってきます。自分ができることをしっかりと説明してアピールしましょう。その時にしかチャンスはありません。

評価や実績ばかり話してもうまく伝わらない場合があります。自慢話に聞こえすぎないようにしましょう。説明する力が必要になります。自分をうまく売り込んでください。レベルが高い会社も狙えます。売り上げや会社、仕事に貢献できそうな雰囲気を出す必要があります。
結果よりも過程が大事でどうやって目標を達成したのかが大事です。

分かりやすく話すことで評価にもつながります。成功につなげる行動が出来そうな人は、とても企業が欲しがります。物事の捉え方や思考も、仕事に取り組む姿勢までも想像されます。意識が高いことも考えておきましょう。

会社で活躍できるか?

この人を採用して会社に採用して、スキルがあるか、活躍できるかは大事なポイントです。できることが多いことは大事になってきます。逆に役に立たない経験もあります。経験してきたことで、会社でどう活かせるかは大事です。役に立ちそうなこともアピールしましょう。高いパフォーマンスを発揮できる人は、どこの会社でも欲しい人材です。

パソコンがかなりできる人と全くできない人では、同じ給料を払うなら、かなりできる人を採用したいものです。採用した際のメリットや貢献できるかを考えてうまく説明しましょう。交渉もうまくいきやすいです。

この人は、情報に強いか?

情報をよく知る人と知らない人がいます。情報をよく知らない方よりも知っている方の方が情報力をもっているのでいいです。情報にアンテナをはっている感度の高さは話で伝わるものです。情報の発信力や捉え方、情報に対する感想や考え方、インプットしている情報量、ビジネスではとても重要な要素です。

全く知らない人と情報通の人とでは、ビジネスでの成功率が違ってきます。日頃の積み重ねなので、普段から週間付けないとダメです。そうゆう人はどこにいっても高い評価を受け、仕事ができる人という印象をつけることが出来ます。意見を持っていて、情報発信力がある人ほどSNSを活用していて、フォロワー数も多いのが特徴です。ニュースの見方や意見、情報の取り方や発信は、ブログを書くなど、鍛えておいて損ないです。

面接では、様々なポイントを見ています。要点を絞って大事なことを短時間で自分の事を分かりやすく伝えられるようにしましょう。
今後の面接でも参考になってくると思います。