職務経歴書の書き方初心者マニュアル

職務経歴書 転職

採用される職務経歴とは?

職務経歴書は、書類選考や面接で使われる大事な書類です。採用されるかに影響してきますので、手を抜かずに、時間をかけて作成する必要があります。
パソコンが苦手でも、パソコンで作成した方がポイント高いです。必ずパソコンで書くようにしましょう。

職務経歴書は、履歴書とは別で今までの職務経験、志望動機、自己PRなどをしっかり書く書類です。これがあるのとないのでは、人事に対するアピールが違ってきます。職務経歴書にも書き方のコツやノウハウがありますのでご紹介します。

転職の際は必要です。テンプレートもありますが、間違っているものもあったり、正しく作成することで、転職の成功率も変わってきます。
伝える内容に漏れがないようによく確認をして、面接でも詳しく聞かれた際にしっかり答えて対応できるようにしておきましょう。

職務経歴を書くポイント

職務経歴書を作成する前には、自分を分析して、要点を書きだしましょう。アピールできる点を書くことは一番のポイントです。
今までの経歴(キャリア)をしっかりと要点をまとめて書くことで、分かりやすくする必要があります。短い文章で自己PRが必要です。面接の際も同じです。
長く書いても、採用される担当者が読むのに時間がかかります。コツとしては、事実をしっかり伝え、数字、成績を入れたり、まとめることがポイントです。
とにかく短く分かりやすくPRしましょう。

経験・スキルで自己PR

今までの経験の中で、使える経験・スキル・知識・能力を整理して、書きましょう。数が多すぎても印象良くないですが、少なすぎてもダメです。

しっかりした文章で自己PR

職務経歴書で大事になってくる項目です。採用するかが左右されるかもしれませんので、しっかりと考えた文章を書きましょう。ポイントとしては、自分を売り込んでください。今までの仕事経験、スキルなど仕事に貢献できることをアピールしましょう。例文ばかり参考にしすぎるとよくない場合もありますので気をつけましょう。

志望動機をしっかり書く

職務経歴書での志望動機はやる気を採用担当者に見られます。伝える力も必要になってきますので、好印象を残すには、応募した理由、貢献できる理由を書いて表現しましょう。面接では自信を持つ必要があります。転職エージェントを利用して、プロからアドバイスをもらって、転職成功する確率を上げてもいいです。