体調を崩さない為にもブラック企業とはどんな会社?

ブラック企業 転職

楽しい仕事ややりたい仕事をするのが一番です。労働基準法があるのに過労死が発生するほど残業があったりなど、過酷な労働条件で働かせるブラック企業があります。そんなブラック企業の特徴や判別する方法をご紹介します。ブラック企業は多くあり、社会問題になっています。

ブラック企業とは?

ブラック企業とは、社員に対して、違法な長時間労働、ノルマを与える、賃金の不払い、上司のパワハラやセクハラ、劣悪な労働環境など様々なポイントがあります。長時間労働など残業代をタダで働かせたり、上司が怒鳴りまくる、業績が悪いとクビにするなど世の中恐ろしいブラック企業が沢山あります。

ブラック企業の特徴

・残業代が全くない
残業代が出ない場合です。タダで働かさせられる頻度が高かったり、賃金が出ない場合は、ブラックです。

・休みが取れない
ずっと休みがなく働かせるのは、労働基準法違反です。人手が足りないなど理由ではありません。

・労働条件が求人募集と異なる
嘘の募集条件で週休2日制、ボーナスあり、労働時間が違う、残業代が出ないなど。

・社長や上司のパワハラ、発言がおかしい
ワンマン社長やよく怒る上司など、指導範囲を超えた暴言や暴力は危険です。

ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方は、入ってからでないと分からない場合がありますが、事前に調べる方法もあります。最近では企業情報や口コミをネットで調べてみるのもいいです。在籍していた社員の情報を見れるサービスもあります。求人情報やホームページもチェックしましょう。入社したら、周りの社員の様子を見たり、話を聞いてみて下さい。平均勤続年数が短かったり、離職率が高くないかも考えるポイントです。

ブラック企業はなかなか辞めさせてもらえないこともあります。ブラック企業の場合は転職することをおすすめします。