成功する転職活動の進め方とは?

転職プロ 転職

一般的な転職活動の流れは、次の通りです。
・自己分析 ・目標設定・情報収集 ・応募書類作成 ・応兼活動 ・面接
これらを確実に実行するためには、時間管理が不可欠です。

いつまでに、何をどの程度やるべきなのかを明確に意識し、計画的に行動してください。
ご自分に問いかけてみてください。

今回の転職で、自分は何を実現したいのか?と。その答えが、甘えたくなる自分に「喝!」を入れてくれるはずです。

転職の目的を明確にしておくことは、極めて重要です。
在職者であれば「転職のメリットとデメリット」及び「転職しない場合のメリットとデメリット」を整理した上で決断しましょう。

動機が曖昧なままでは、成功に至る険しい道の途中で挫けてしまうかもしれません。仮に転職できたとしても、活動自体を後悔することさえあるのです。不本意ながら会社都合によって就職活動をせざるを得ない場合も同様です。在職者よりも短迫した状況ですから、焦りもあるでしょう。

一刻も早く就職したい、というお気持ちは十分理解できます。でも、入社できればどこでもいいのでしょうか?目的を見失ったまま活動した結果、入社してすぐに退社するケースは珍しくないのです。

ライフプランに基づいたキャリアデザインをしなければ、転職は成功しません。
新たな職場に定着し、キャリアの蓄積ができなければ、その転職は失敗です。
自分自身の価値 観・職業観を認識し、生涯におけるキャリアプランを立て、次への第一歩として転職先を 決定することが不可欠です。

活動を始める前にご家族ともよく話し合い、必ず同意を得ておきましょう。 信頼できる協力者や相談相手を確保しておくこともお勧めします。30代、40代からでも遅くはない人生は変えられる!
30代、40代にとって、即戦力を必要とする不況の時こそ転職のチャンスです。

「大きな実力や特殊なスキル・強力なコネ」のいずれも持っていないから無理だ、と諦めないでください。過去を変えることはできませんが、過去を見直すことはできます。

それは、自分の行動を変えることにつながり、行動次第で「未来は変えることができる」のです。 自分ひとりでできることには限界がありますが、そのときは誰かの助けを借りましょう。

ただし、人生における決断は、自分にしかできません。目標を達成するために、できること・できないことを見極めた上で、自分にできること(=やるべきこと)に全力投球してください。
30代、40代からでも、遅くはないのです。 人生は変えることができます。