【転職に有利な資格】20代、30代の転職に役立つ資格をまとめ

転職で思いつくのがスキルや資格を持っていた方が有利に転職活動できるものです。例えば、パソコンを使えるスキルは仕事で一番使うので、会社にとって高い給料を出しても欲しい人材です。パソコンが全く使えない人材であれば、教える人も育てるのにも時間がかかり、ミスまで発生してしまいそうで、仕事になりません。

また、資格を持たないと就職できない職業もありますので、専門職や狙っている職業がある場合は、学習してスキルアップして、資格の取得を目指しましょう。資格を持たなくても、独学でもいいので学習して、得意なことを増やすことでアピール出来ます。
学校に通わなくてもインターネットや本で勉強出来ます。

転職に有利な資格まとめ

・日商簿記検定
・公認会計士米国公認会計士
・MBA
・ファイナンシャルプランナー(FP)
・中小企業診断士社会保険労務士宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)
・自動車普通免許
・TOEICキャリアカウンセラー(CDA)
・ビジネス能力検定

IT企業の転職や就職に役立つ資格

・MCP
・CCNP
・SAP認定コンサルタント
・Linuxプロフェッショナル認定資格
・XMLマスター
・応用情報技術者基本情報技術者
・CCNA
・プロジェクトマネージャー
・マイクロソフト系認定資格
・シスコ認定技術者資格(シスコ認定資格)
・基本情報技術者
・ワープロ検定
・ITパスポート試験

建築・住宅関連の転職資格

・電気主任技術者
・電気工事士
・電気通信主任技術者
・電気工事施工管理技士
・一級建築士
・二級建築士
・建築施工管理技士
・土木施工管理技士
・マンション管理士
・消防設備士
・管工事施工管理技士
・不動産鑑定士
・土地家屋調査士

医療・福祉関連の転職資格

・社会福祉士
・薬剤師
・介護職員
・初任者理学療法士
・臨床検査技師
・介護福祉士
・保育士
・医療事務
・診療情報管理士
・ケアマネージャー(介護支援専門員)

専門職の転職資格

・調理師
・通関士
・弁理士
・運行管理者
・栄養士
・管理栄養士
・司法書士
・行政書士
・色彩検定
・日商簿記
・食品衛生責任者
・インテリアコーディネーター
・秘書検定
・危険物取扱者
・税理士
・公認会計士
・歯科技工士・歯科衛生士司書(図書館司書)

転職に有利な資格でアピール

資格を持っていると転職先の企業にアピール出来ます。事務職への転職の場合は、コンピューター系の資格が喜ばれます。
資格を持っていなくても経験があれば、採用担当者はわかります。資格を持つこと、空いた時間を学習にあてることで、企業からモテますので、キャリアが広がります。そのほか、企業が資格より重視するのは、卒業した学校や職歴、経験、特技など得意分野を持つことです。コンピューターが得意なだけでも就職の幅が広がります。