7つのステップで転職をして仕事を変える方法とは?夢や成功に近づくステップ!

転職方法 転職ノウハウ

適切な準備と努力をすれば、より充実した新しいキャリアを手に入れることができます。
転職をして仕事を変える方法を知りたいですか?

成功した満足のいく転職への最初のステップは、次の仕事から何を望んでいるかを正確に理解することです。

7つのステップで転職して仕事を変える方法

キャリアを変える方法を考えているなら、実行可能な新しい仕事、情熱、興味、生来の才能に沿った仕事を見つけるチャンスを改善するために、今取ることができるステップがあります。
成功し、満足できるキャリアチェンジャーになるためにできることを7つ紹介します。

1.キャリアから求めているものを理解する

現在の仕事に不満を抱いている場合、それは自分にとって重要な主要な方法でマークを逃していることを意味するかもしれません。
自分がより良い仕事と生活のバランスを持っていたか、あるいは仕事でもっと挑戦されたことを望みます。

たぶん、自分の仕事のスキルと貢献に基づいて十分な報酬を得られないように感じます。
あるいは、人々に焦点を合わせた仕事に課せられる仕事を見つけた内向的な人や、もっと協力したい外向的な人かもしれません。

キャリアの切り替えを検討している場合は、将来のキャリアの中で自分が何をしたいのか、何が望まないのかを調べて、「自分にとってどんなキャリアが適切か」について本当に考えるのが最善です。

何をしたいのかを理解するのに役立つこれらの質問を自問してください。

何に情熱を感じますか?
あなたの夢の生活はどのようなものですか?
5年後、10年後の自分はどうなっていると思いますか?
あなたが引退する前に何を達成したいですか?
目標を達成するためにキャリアで必要なものは何ですか?
快適に暮らすためにいくらお金が必要ですか?
仕事で何が幸せなのですか?(例えば、人々を助ける、問題を解決する、創造的なアイデアを思いつく)
また、取引のブレーカーとなる可能性のあるジョブのあらゆる側面を考慮することも賢明です。適切なキャリアを見つけることは、適切なパートナーを見つけることとよく似ています。非喫煙者が喫煙者を追い越すのと同じように、冷たい電話をしたり、50%の時間旅行したりするなど、我慢できないことを伴うキャリアを送ることがあります。

2.自分に合ったキャリアまたは関連キャリアを決定する

実行したい職務を絞り込んだら、興味のあるキャリアや職種にズームインします。
キャリアを調査して、それぞれのキャリアで行う仕事の種類を理解し、期待がキャリアに求めているものと一致するかどうかを判断する必要があります。

たとえば、情報技術分野で働きたい場合は、どの仕事が最も満足できるかを判断する必要があります。
たとえば、アプリ開発者としての生活は、システム管理者としての生活とは大きく異なります。

どちらの職務にも技術的能力と細部への注意が必要ですが、アプリデベロッパーとして働くことで、クリエイティブな側面をアピールする機会が増える場合があります。

3.市場調査を行う

どんなキャリアを望んでいるかがわかったら、どんな種類の会社が雇用していて、その仕事がどこにあるかを調べてください。
夢の仕事に就くには、移転や、ライフスタイルの変更が必要になる場合があります。

たとえば、夜勤をする必要がある場合などです。Indeedなどのサイトの求人掲示板とリストをチェックして、求人の数を測定します。
また、さまざまな分野の求人の数に関する調査と統計を見つけることができるはずです。
「夢の仕事」のために空いているスロットが比較的少ない場合は、他のオプションを試してみるか、少なくともそれらを受け入れる必要があります。

4.持っているスキルと必要なスキルを特定する

必要なスキルを把握する良い方法は、必要なスキルを調べ、求人情報の雇用主リストを経験することです。
おそらく、プロジェクト管理、優れたコミュニケーション、問題解決など、雇用主が求めているソフトスキルの一部があるでしょう。
アプリケーションでこれらの譲渡可能なスキルを強調して、企業にとってより関連性が高く魅力的な方法にする方法を考えてください。

まったく異なるスキルセットを必要とするまったく異なるフィールドに移行したい場合は、トレーニングコースや学校に登録して、選択したフィールドに関連する技術的なスキルに慣れる必要があるでしょう。

5.計画を立てる

キャリアの変化を成功に導くために、将来の仕事について調査した内容に基づいて具体的なステップを備えた具体的な計画を立てる必要があります。
上記のように、トレーニングコースに登録したり、インターンシップやボランティアのポジションなどで経験を積む方法を見つけたりする必要があるかもしれません。
また、キャリアの変更に取り組んでいる間、現在の位置にとどまりたいかどうかを判断する必要もあります。
そうでない場合は、新しい仕事に移行する間、自分自身をサポートするのに十分なお金があることを確認する計画が必要です。

6.年齢とライフスタイルを考慮する

20代の転職は、40代の転職とは大きく異なります。あなたの新しいキャリアを始めることを計画するときあなたの年齢とライフスタイルを心に留めておいてください。住宅ローンと2人の10代の若者と結婚している場合、全国に移転するのは難しいかもしれません。

さらに、20代としてのあなた自身を雇用主に売り込む方法は、40代の場合とはまったく異なります。
上級レベルの職務経験がある場合は、潜在的な雇用主にそれを確実に知らせる必要があります。
適切なスキルがあれば、エントリーレベルのポジションを求めているわけではありません。
20代、30代、40代、50代のいずれであっても、キャリアをどのように変えるかについて検討すべき特定の変数があります。

7.目標を設定して到達する

計画を立てたら、キャリアを変えるという主な目標に近づくための暫定的な目標とマイルストーンを設定する必要があります。

成功への格言は、準備と機会が出会ったときにのみ生じることを覚えておいてください。
準備が整っていればいるほど、目標を正しい軌道に乗るほど、自分に合った仕事の機会に遭遇する可能性が高くなります。

キャリアを変える方法は神秘的にする必要はありません。
興味への正しい洞察、獲得できる職種とスキルに関する知識を武器に、別の業界や役割で成功するための準備をすることができます。

そして、新しい仕事を追求することが自分のためにこれまでにしたことのない最善の恩恵であることに気付くかもしれません。
転職エージェントや転職サイトを利用して希望の条件にあったいい仕事を見つけましょう。