転職する7つの理由とは?転職で給与や年収、スキル、職場環境、仕事内容、満足度が上がる!

転職理由 転職ノウハウ

現在の仕事を続けている時間が長くなるほど、自己成長を追求して行動を起こすためにより多くのエネルギーが必要になります。

変化は難しいですが、個人的および専門的な成長の両方のために仕事を切り替える必要があります。

現在の仕事に惰性でいる、または給与が不足している可能性があり、それが成功を妨げています。

仕事で転職するメリットとは?

なぜキャリアを切り替える、仕事の転職が良い考えであるかについて7つご紹介します。

統計によると、働く専門家は生涯で最大7つのキャリアを持つことになります。

しかし、この主張は一粒の塩で取られるべきです。

その数字を裏付ける実質的な研究はあまりなく、そしてそれは私たちの現在の仕事が飛び交う労働環境においてますます重要でなくなります。

いくつかのキャリア専門家によると、現実は7つの長期キャリアの寿命を予測することではありません。

仕事が好きで快適に感じる場合でも、数年ごとに定期的に仕事を変えることを計画することです。

変化は困難ですが、その利点は、専門的にも個人的にも、想像もできなかった方法で報われます。

キャリア転換をまだ視野に入れていない場合は、専門家が考えるべき理由を以下に示します。希望しない場合でも、転職する7つの理由を紹介します。

通常、転職する場合は、条件が良くなります。給与や仕事内容、通勤距離、待遇、満足度など。

現在の職場に業績悪化、給与が減ったなど変化が起きたなら、それは損をしていることになるので、職種を変更すべきです。

仕事であれ、人間関係であれ、学界であれ、私たちが何かに安らぎを感じるとき、個人がその瞬間を使って惰性で移動する期間がある傾向があります。

転職コーチは、多くの働く専門家が自分の快適ゾーンを見つけてそこに留まるのを見てきました。

それはすぐに脅迫されているようには見えないかもしれませんが、あなたの仕事の快適さが退屈に変わる時が来るでしょう。

あなたが長く留まるほど、あなたが自己成長を追求する行動に駆り立てるにはより多くのエネルギーが必要であると警告しています。彼女のアドバイスは簡単です。後で痛みを避けるためにキャリアを変えて今すぐ行動しましょう。

転職に向けて就職活動をしよう

退屈につながるコースティングについての感情を反映しました。また、あなたの惰性走行が見過ごされているわけではないかもしれないと述べました。

上司や同僚は単に観察によって何が起こっているかをすでに知っているかもしれないと言いました。

実際に同じ仕事にとどまっているとお金を失っています

オンラインキャリアサイトのコミュニケーションマネージャーである方は、2年以上会社に滞在することは、給与と価値に悪影響を与えると述べています。

基本給から始め、年間昇給はその数字のパーセンテージに基づいています。

上司が給与を上げることができる限界があります。

仕事を切り替えることで、より高い初任給を求めることができます。
そして新しい仕事は現在の給与よりも実質的に多く支払うべきだと言います。

転職の際の強みは、強みから交渉できることです。

給与が上手くいかない場合、専門家は申し出を辞退し、既存の役割を維持しながら探し続ける可能性があります。

転職に最適な時期とは?

虹の終わりに金の壺を探しているなら、それはすでにここにあります。

転職サイトは、2019年は史上最強の雇用経済をもたらしたと語りました。

「会社は才能のために縛られている」と言いました。
既成概念にとらわれない人々を考慮に入れようとしています。
会社への就職希望者は、企業が通常は考えられない役割について考慮してくれる時期を見ています。

変化の緊急の必要性を感じませんか?新しい仕事を探す

オンライン履歴書のキャリアエキスパートは、転職の緊急の必要性を感じたときが転職に最適な時期ではないと考えています。

話によると、新しい仕事を見つけるようにプレッシャーを感じている場合、平凡な提案を受け入れる可能性が高くなり、既存の職を辞めるための要件が低くなる可能性が高いという。

この瞬間、多くの候補者が眠ると思います。立場で前進するのをやめる。結局、緊急に新しい仕事を必要とする場所で自身を見つける。

自分の価値よりも低い役割を受け入れるのではなく、専門家に、自分に挑戦する役割に切り替えるように要請します。これは、最終的には、将来への投資です。

「新しいスキルをすばやく習得し、さまざまな場所や状況から経験を積む人は、将来の職業に合わせやすくなります」と語りました。

課題や刺激なしに、より長い時間落ち着くと、学習をやめ、より多くを目指すことができなくなります。
こっそり「感謝の恥」をしているかもしれません。

転職アドバイザーによれば、「感謝の恥」とは、自分がすでに持っているものに感謝しないことに打ちのめされるときです。

それはまた、深い欲望を最小限に抑えます。もっと欲しくても、自分がどこにいて、何を持っているかを幸せにしてくれるような内部の独り言を持っているかもしれません。

「自分に対する感謝の気持ちを武器にするとき、それはあなたの野心、成長への飢え、そしてより大きな規模で貢献したいという願望は無効であるというメッセージを脳に送ります」と話ました。

感謝の恥を言うのではなく、コアとなる職場のニーズの4つのカテゴリのうち、満たされていないものを理解するようアドバイスします。

これは自身に尋ねることを含みます。

この役割は私の強みのポートフォリオを使用しますか?

それは私の興味のある分野と一致していますか?
組織の文化は私の性格と一致していますか?
この役割は私が望むライフスタイルを可能にしますか?
「4つのニーズの1つが満たされていないときは、他の仕事を探す絶好の機会です」と言います。

「腸は、あなたがより大きな挑戦と渇望を切望している季節にいるかどうかを教えてくれます。その気持ちを無視しないでください。」

これは、思想的リーダーになるためにピボットするチャンスです

賞賛し、一日のようになりたい特定の専門家はいますか?

同じ仕事で停滞するならば、その日は決して来ないかもしれません。

キャリアおよびリーダーシップ開発会社のオーナーは、すべてが大丈夫ではなく、大丈夫だと考えています。尊敬するソートリーダーを探し始める必要があると考えています。

「同じネットワーキングイベントや会社のイベントに両方参加している場合は、尊敬する人と面会するほうが簡単です」「1対1の会話のために、スキップレベルのミーティングやコーヒーチャットをする機会さえあるかもしれません。」

転職をして幸せになろう!

今の仕事に満足していますか?職場や給与に不満は、ありませんか?
スキル向上をしたい、新しい仕事でスキルを身につけたり、給与をもっと上げたいと思っていませんか?

給与を上げる方法は、仕事を変えるしかありません。
6年以上にわたって、人生の目的と転職アドバイザーである方は、準備が整っているかどうかわからなくても、人々が転職するのを助けてきました。

クライアントは自分たちの仕事をいくらか好きにしていますが、何かが足りないように感じます。

多くの場合、自分のスキルをあまり使用しておらず、仕事に興味がなくなっていることに気づき、人々を助け、より深い充実を見つけられることを願っています。

これらのクライアントが受け入れるのは、彼らが彼らの手形の支払いをし、彼らをより早く内部に明け渡すキャリアを見つけたかったという望みの実現です。

仕事を変えるために常に仕事を変えたいとは限らないことを発見しました。

それは、より良いものが存在する、または存在するが、それが得られない可能性があるという不確実性です。

「長期的な幸福のために行くことはリスクに値する」

「深く掘り下げると、自分がもっと充実できるかもしれないという事実に基づいて行動しなければなりません。」

トリックはいくつかの自己発見と研究を行うことであると言いました。

現在の役割で同じ用語を見るのではなく、より適切なキャリアを見つけるために関心のある分野を探します。

幸福は、最終的には自身の自己感覚に影響を与えるよりも先に行きます。

それのために幸せになるでしょう、そして家族、友人、そして同僚は周りにいることが幸せになるでしょう。